ホーム > 格闘技 > ビデオ・DVD > レスリング



2016/6/20発売

赤石光生
テクニカル・レスリング

天才的テクニシャン赤石光生が教える
レスリング実戦テクニック

●監修・実演:赤石光生
●出演:柏田大樹、前田頼夢
●制作・発売:クエスト
●片面・2層ディスク 115分

[DVD]●商品番号 SPD-3907
価格\5,724
(本体\5,300)


相手の攻撃を切り返すカウンター攻撃を武器に、オリンピックに3度出場。フリースタイル62kg級で銀、68kg級で銅と、2つのメダルを獲得した赤石光生。指導者としても豊富な経験を誇る赤石が、有利なポジションを得るためのいなし、崩し、さばき。相手の意表をつく実戦的なテクニックなど、勝利につながる数多くの技を余すところなく紹介。


[収録内容]
組み手
 基本の組み手崩し
 内側に組まれた場合の崩し
 手取りでの崩し
 組み合わせタックル@A
 組み手からバックをとる

タックル
 差しからの片足タックル@A
 差しからの片足タックルの応用
 片足タックルからのフォール
 ローシングルからの正面タックル
 変型ハイクラッチ
 フェイントからの変型横捨て身

カウンター
 タックルを切ってバックに回る@A
 ハイクラッチをブロックしてカウンター@A
 タックルで持ち上げられた場合の防御
 ハイクラッチに入れられてからの返し
 ビクトル投げ

投げ
 両脇を差して出足払い
 変型小内刈り
 大外刈りの連続技
 2on1からの飛行機投げ
 飛行機投げからのハイクラッチ
 差されてからの飛行機投げ
 差されてからのブレーンバスター
 首投げからの大外刈り

寝技(グラウンド)
 横崩しの応用
 手取り横崩し@A
 足折り股裂きからのアンクルホールド
 アンクルホールドからの処理@〜C
 手首とヒザを極めて返す
 アンクルホールドへの連携
 体を折り曲げた防御への対処
 尻もちをついた相手の処理
 グラウンドの牛殺し
 がぶりからバックに回れずがぶり返し
 投げの攻防からフォール

赤石光生(AKAISHI Kosei)
1965年2月26日、青森県弘前市出身。光星学院高校(現・八戸学院光星高校)でレスリングを始め、日本大学に進む。1984年、大学2年生時にわずか5年弱のキャリアでロサンゼルスオリンピックに出場。フリースタイル62kg級で見事銀メダルを獲得した。さらに1992年のバルセロナオリンピックではフリースタイル68kg級で3位。銅メダルを獲得し2度目のメダリストに輝いた。現役引退後は指導者の道に進み、1997年、アメリカアリゾナ州立大学コーチに就任。2000年、日本ナショナルチームコーチとしてシドニーオリンピックに出場。2004年のアテネオリンピックでは、外務省の依頼によりアフガニスタンのナショナルチームコーチに就任。レスリングの更なる普及発展のため、後進の指導に励んでいる。